スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    モンパの木の下で

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第6話 モンパの木の下で】


    ニシ浜へ下る坂の途中にある、黄色い建て物が目を惹くお土産屋さん『モンパの木』。


    ニシ浜の混雑ぶり(と言っても10数人だけど)に、何だか落ち着いた気分にならず、
    坂を上ってモンパの木に立ち寄りました。

    店のおじさんは外で何やらアクセサリー作りに夢中。
    誰もいない小さな店内で品物を眺めて回りました。

    今回はここでTシャツを1枚買うつもりで、持って来たTシャツは1枚少なめ。
    ど・れ・に・し・よ・お・か・・・にゃ(^^)♪
    買ったのはこれ。
    Hateruman Blue」の文字がステキ☆


    バックプリントには「波照間島」。



    ついでにお土産用のハンドタオルを取り、あとはキャリーケースに貼る
    ステッカーが欲しいな~と、外のおじさんに聞いてみました。
    すると、レジ(金庫?)の横から4種類出してくれました。

    「申し訳ないのだけど数に限りがあるから、お一人様100枚までにしてもらってますぅ。」
    「え~ほんとですかぁ!?まあ、そのへん譲り合いですよねぇw」
    「そう言ってもらえると有り難いですぅw」
    いきなりこんなやり取り(笑)
    「おにいさん、よくこっち来るの?」
    「いえいえ、6年前に来て以来2度目ですよ。」
    この話をきっかけに、波照間が変わってきたことについて話が弾みました。

    どうやら、ちぇろすけが前回来た6年前あたりから大分変わって来たみたいです。
    6年前は石垣と波照間をマイクロバスか!?という位小さな飛行機で渡れたし、
    ニシ浜のペンションも無かった。

    「随分変わりましたね~。」
    と、ちぇろすけが言うと、おじさんが苦笑いしながら話してくれました。

    反対されていたペンションが建ってから、次々新しいこギレイな宿が建ち、
    それに伴ってか、観光客の数も質も変わって来たそうです。

    こんな離島にハイヒールで来たり、いちゃつくカップルがニシ浜で騒いでいたり・・・。
    なんかおかしいんだよねー、と複雑な心境を語ってくれました。

    「今はこれが普通になっちゃってるけど、おにいさんみたいに昔を知ってる人から見たら、
    ちょっと驚くよね。分かるよ、ははは・・・。」

    なんだかんだで30分以上立ち話をしてしまいました。

    「今日から4泊する予定なんで、また遊びに来ますね~」
    と言って、モンパの木を後にしました。

    前日の深夜便をはじめとした移動の疲れもあり、あとは明日以降ゆっくり回ることにして、
    お昼寝でもしようっと、と宿へ戻るのでした。

    ・・・まだあと4泊もある・・・この時はそう思っていたのでした・・・。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。