スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    偶然の乗り合わせ

    『阪急電車』という映画を観てきました。

    様々な想いや悩みを持った人たちが阪急電車に乗り合わせ、直接、間接に
    関わっていくオムニバス(ではないけど)的な映画。

    登場人物たちが抱えるものは、特別なものではなく、誰でも経験し得る、
    あるいは経験しているようなもの。

    さして解決しなくても生きていけるし、どうということのない
    日常の一片でしかなかったりする。

    そういう人たちが、阪急電車で偶然乗り合わせたことにより、
    「世の中、捨てたものじゃない」という前向きな結論になる。


    今年は何かと映画を観に行く時間をとれず、これが今年初映画となりました。
    例年20本位は観に行く自分にとっては、かなりのスロースタートでした。

    そんな今年1本目のこの映画は、なかなか良いと思いました。
    ところどころで、泣いてしましました。
    それほど泣く映画でもないのではないかと思うのですが、
    心が弱っているんですかねぃ・・・誕生日直後なのに気が晴れない。。。


    きっと原作では映画化出来ていない他のエピソードがあるんだろうな
    と思い、帰り道本屋で原作本を買って帰りました。
    スポンサーサイト
    コメント

    映画

    お誕生日おめでとうございます!
    この映画、私も気になっていたところです。
    おもしろかったのですね~。私も見に行きたいと思います!

    Re: 映画

    ありがとうございます^^

    ほっと心が温まり、安心して観れる映画でしたよ。
    おすすめです。
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。