スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今年観た映画

    今年一年で映画館で観た映画は計16本。※TVやDVDで観た映画は含みません。
    その中でのマイ・ベスト3は・・・!!!

    1位 『ニューヨーク、アイラブユー』(New York, I Love You)
    2位 『かいじゅうたちのいるところ』
    3位 『リトルランボーズ』1位の『ニューヨーク・・』は、何人かの監督が担当するオムニバス映画。
    監督陣の中には岩井俊二やナタリー・ポートマンがいたり、
    キャストにはナタリー自身や、彼女と『スターウォーズ』共演した、
    若き日のアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンなど豪華。
    昔観た『ディナーラッシュ』のお洒落さと、同じくオムニバスの『フォー・ルームス』の
    面白さ・意外さを含んだ、お気に入りの映画となりました。

    2位の『かいじゅうたちのいるところ』は、CG全盛の現代のおいて、あれだけの映画を
    CGをほぼ使わずに作ったということろに感動。だからなのか、手作り感一杯の温かい映画
    になっています。とは言え、CG無しであれだけのディテールを出せるのには驚き。

    3位『リトルランボーズ』。『ランボー』をまねて映画を撮ろうとする子供たちの、
    それぞれの悩みや、抱える問題を交えてまじめに、面白く観れる映画でした。


    さて、それ以外の13本も順不同で紹介します。
    『オーシャンズ』
    水族館的映画かと思いきや、なんかものすごく怖いシーンのある映画でした。

    『Dr.バルナサスの鏡』
    『ダークナイト』のジョーカー役で名演したにも関わらず急逝してしまったヒース・レジャーが
    出演しているということで観に行きました。

    『食堂かたつむり』

    『やさしい嘘と贈り物』
    劇場予告を観て良さそうと思って観たのですが・・・。

    『のだめカンタービレ(後篇)』
    なんだか、のだめと千秋の恋愛中心のストーリーになって、前篇に比べるとイマイチ。

    『オーケストラ』

    『アリス イン ワンダーランド』
    自身初めての3D映画。3Dは疲れるだけだという感想。

    『TRICK』
    もうあの頃のクオリティには戻れないのですね・・・。

    『ヤギと男と男と壁と』
    単館のマイナー映画の割にジョージ・クルーニー主演。

    『スープオペラ』
    昔、坂井真樹のファンでした。

    『マザーウォーター』
    ま~ったりとした、な~んてことのない映画。でもそれがいい。

    『シチリア・シチリア』
    『ニューシネマパラダイス』のジョゼッペ・トルナトーレ監督作品。

    『十三人の刺客』
    松方弘樹の超圧倒的な殺陣は、あまりに凄すぎる!
    それからSMAP稲垣の異様な違和感は演技なのか、ただの大根なのか・・・。
    その違和感が逆に良かった。


    来年もまた良い映画がたくさん観れるといいなぁ。
    スポンサーサイト

    テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    のだめカンタービレ 25巻

    最終巻となる
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。