スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    移籍後、初の演奏会

    12月5日。FA宣言して移籍した新しいオケでの演奏会。

    曲は、
    ブラームス:大学祝典序曲
    ビゼー:カルメン第一組曲
    ドヴォルザーク:交響曲第6番
    でした。

    今までいたオケは基本的にベートーベンを演奏するオケだったので、
    久々にバラエティに富んだ曲を演奏しました。
    移籍から本番までたった1ヶ月で仕上げたので不完全燃焼でしたが、
    それなりに楽しめました。

    何よりも、久々にパートリーダーとしてでなく、うしろの方で
    気楽に弾けたのが良かった(笑)

    今回は、アンコールでメンデルスゾーンの結婚行進曲を演奏しました。
    なかなかこの曲が演奏会で演奏される機会は多くないと思うのですが、
    なぜこの曲がアンコール曲になったか、というと、
    このオケの団長さん(トランペット)と、団員さん(バイオリン)が
    結婚することになり、みんなからのお祝いという意味合いがありました。

    サプライズ、という形ではなく、みんなでこの舞台を作り上げたので、
    祝う側も祝われる側も、とても幸せそうでした。

    ということで、良い雰囲気のオケなのですが、まだ入団間もないこともあり、
    今までいたオケのようにはまだ馴染めず、自分がしっくりとハマるポジションを
    探している状態。

    ちょっとホームシックかも・・・(T―T)

    とりあえず、これでしばらくはオフなので、のんびりとチェロを弾こうと思います。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。