スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    音楽は楽しいもの。楽しむもの。

    今日は、とある高齢者向け施設でのカルテット演奏をしてきました。

    ことの経緯は、元々そのカルテットで演奏するはずだったコントラバスが参加できなくなり、
    その代理出演の依頼が来たのです。

    そのカルテットのバイオリン弾きの1人が、以前所属していたオケで一緒だった友人で、
    コントラバスではないけど、低弦ということでチェロ弾きの自分に白羽の矢が立ったわけです。

    とは言え、声が掛かったのが本番2週間前で、合わせ練習がたったの2回!!
    危険なニオイがぷんぷんしていました(汗)

    さてさて、今回演奏した曲目を紹介しましょう。

    ~第1部~
    カノン(パッヘルベル)
    水上の音楽(ヘンデル)
    いつも何度でも(『千と千尋の神隠し』より)
    いつか夢で(『眠れる森の美女』より)
    You Raise Me Up(トリノオリンピックで荒川静香選手が金メダルを受賞した曲らしい)

    ~第2部~
    冬景色(文部省唱歌)
    たき火(かきねの かきねの まがりかど~)
    ふるさと(う~さ~ぎ~お~いし)
    津軽海峡冬景色

    ~アンコール~
    G線上のアリア(バッハ)

    第2部では、客席のお客様たちが一緒に歌を歌うという趣向で、とても楽しいものでした。
    拙い演奏ではありましたが、後で頂いたアンケートを読むと皆さん楽しんで頂いたようで、
    こちらも嬉しく思いました。

    津軽海峡冬景色の演奏が終わると、どこからともなくアンコール、アンコールの声!
    もちろん、施設のスタッフさんたちの演出もあったのだとは思いますが、
    こういう雰囲気の中で演奏出来たことが幸せでした。

    アンコール曲のG線上のアリアを紹介すると、「わぁー」と歓声が。
    有名な曲で、美しい曲なので人気ありますね♪

    また来年の春に、という話もあるようですが、次回はレギュラーメンバーの方が
    戻ってくるだろうから、もうお声は掛からないのかな・・・?

    でも、良い経験になりました。

    さて!来週はオケの本番!
    8月まで所属していたオケからFA宣言して、新しく入ったオケでの初舞台。
    入団して1ヶ月余りで本番に臨まなければならない、これまたドキドキな状況ですが、
    音楽とは楽しいもの。楽しむもの。

    楽しい音楽の時間です!
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。