スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    それでは、また。

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第33話 それでは、また。】


    石垣までの船はアカネさんと一緒。
    港で健次さんと3人でパチリ。


    カオルちゃんとメグミさんはどこか散歩に行ってしまったのか、
    残念ながら最後は会えませんでした。

    楽しかった八重山旅行もとうとうこれで終わり。
    石垣に戻る、というだけで旅の終わりを感じてしまいます。
    以前は那覇に戻る時に感じていたのですが。。。八重山病が進行してしまった証でしょうか。

    「またやりましょう(ゆんたく)」と、健次さんに見送られながら鳩間を離れました。




    行きの船はジェットコースター状態でも平気だったのに、
    帰りはだいぶ穏やかだったにも関わらず二日酔いのせいで、初めてに近い船酔い。

    何とか耐えて石垣に到着すると、ここでアカネさんとはお別れ。まだ一泊あるそうです。
    「ではでは、また機会があったら東京で!」

    ちぇろすけは、入れ違いで鳩間へ渡る、前回鳩間で知り合った友人Tさんとお昼を食べる
    約束をしていたので、合流しました。

    与那国帰りのTさんとお昼前にちょっと某所へ立ち寄りました。
    それは、ここ。


    石垣島ジンジャーエール、という割と新しいお土産です。

    カナ○ドライのジュース的なものとは違い、しっかりジンジャー(生姜)の風味があり、
    種類も豊富。試飲も出来て、瓶も一輪挿しに使えそうなデザイン。
    ついつい全種類買っちゃいました。Tさんもお買い上げです。

    お昼を食べて、ターミナル近くの喫茶店でお茶&ケーキを食べながら、
    これから渡る鳩間にワクワクするTさん。
    一方、帰るのが嫌で俯くちぇろすけ。

    「一緒に鳩間に戻っちゃいましょうよ(笑)」
    という、Tさんの甘い誘いを振り切り、船を見送った後、空港へ。

    と、その前に最終ミッション!!!

    【指令】
    メイクマンで展示されている、kumi師匠のお子と黒島のチビの写真、
    の写真を撮影せよ。


    次回、最終話「旅の終わりに」


    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。