スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    けーろーのひ

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第17話 けーろーのひ】


    レインコートとポンチョを間違えて買ってしまうという失態があったものの、
    背に腹は変えられずポンチョを被って出発しました。

    若干肌寒いということもあり、はとみでソーキそばでも食べようと行ってみると、
    何故か「準備中」の札が・・・。

    この悪天候のせい!?

    がっかりしながら、パームツリーのソースカツ丼にしようと引き返して
    行ってみると・・・やってない!?なんですと!?

    入り口の張り紙を見ると、どうやらその日は敬老の日なので、
    何やら催し物あり、午後は集落全体がその準備に入るようでした。

    こうなれば黒島のジャスコこと、たま商店でパンでも何でも買うさ。
    自転車で強風雨の中を疾走しました。

    「12:30からしばらくお休みします」

    はぅあ!!!Σ( ̄□ ̄)

    集落全体が準備に入るんだから、そりゃそうだ・・・(泣)


    お腹はぐぅぐぅ、足はびしょびしょ。
    ヨロヨロとなかた荘に戻ると、ちょうど玄関で同宿の人たちと出くわす。

    すると、すぐ近くの「あーちゃん」という民宿兼食堂は営業中だとの情報。

    もう、お腹ペコペコで、セットものの定食で腹いっぱいになるぞ、と
    ゴーヤチャンプルー定食を注文すると、

    「あー・・・もうご飯が全部出ちゃったわ。」

    ということで、八重山そばを食べました。
    温かくて、おいしゅうございました。


    敬老の日に集落を挙げて、おじい、おばあを敬うイベントを行い、
    年長者を大事にする心、見習わなければいけませんね。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。