スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    決断の時

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第11話 決断の時】


    ブログに書いてみると、なかなか密度の濃い波照間での一日目が終わり、
    9月18日(日)、二日目の朝。

    朝食を食べていると、けだもと荘のヘルパーさんからご主人の伝言が。
    「台風の動きが怪しいから、帰れる内に帰った方がいいかもよ。」
    天気は良くても、風が強かったり、波が高いと船が欠航してしまうのです。

    同宿のみんなはもう一泊の予定だったようですが、諦めて切り上げの手続きを
    しようとしていました。

    でも、ちぇろすけはあと三泊あるしぃ~、と余裕こいてたら、
    「おにいさんが決めればいいことだけど、一度欠航すると、稀に一週間欠航
    なんてこともあるから、ちょっと考えてみて・・・。」

    マジすか!?

    ふと、出発前に見た、米軍のあり得ない台風進路予測が頭をよぎりました。
    ・・・八重山方面に南下して来る・・・。

    い、いや~まさかそんな動きの台風見たこと無いぞ・・・!?
    大丈夫、大丈夫・・・。

    他のみんなは出航が確定している一便の船で脱出すべく準備の為、
    朝食を終えると早々に部屋へ戻って行きました。

    一人食堂でお茶をすすりながら、テレビで本島付近をぐるぐる回る迷走台風のニュースを見る・・・。

    おもむろに席を立ち、通りに出て、携帯の電話帳からとある電話番号を見つめる・・・。

    風は強いながらも、青い波照間の空を見上げて一呼吸・・・。

    通話ボタンを・・・ポチっとな。

    「あ・・・、朝早くすみません、仲田さんですか!?(泣)」

    電話をかけた先は、黒島の「なかた荘」でした。
    スポンサーサイト
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。