スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    やってみよー

    今日から始めたこと。

    毎日その日にあった「よかったこと」を3つ書いていく。

    小さなことから、大きなことまで、思いついた順に3つ。

    たとえばー

    今日のランチがおいしかったとか

    電車の中ですごく好みの人を見かけたとか

    買い物したら合計が777円だったとか

    月がキレイだったとか


    それで何か効果があるのかとか、な~んにも考えず、
    思いついたからやってみようと思うのです。

    なんでそんなこと思いついたのか?

    さぁ。。。なんででしょ?(笑)


    ちなみに、今日のよかったこと3つは

    1.テニスで良いプレイができた
    2.Aちゃんとメールした
    3.チャイ5の楽譜を製本した

    テニスは晴れて来月から1つ上のクラスへ。

    Aちゃんというのは、去年鳩間で知り合い、この前の鳩間で偶然再開した人です。
    それはまた、近日スタート予定の『2012年八重山旅行記(9月)』で。

    チャイ5とは、チャイコフスキーの交響曲第5番のこと。
    11月の演奏会で演奏する曲です。


    あしたはなにがあるかなー。
    スポンサーサイト

    つぶやき

    とっくに帰って来てるんですよ。

    でも、な~んだかね~。

    以前は八重山に行っても、ホントにただの旅行って感じで、
    たとえるなら、足湯だったり、半身浴だったわけですよ。

    ところがここ数年はどっぷり肩まで浸かってしまう感じで、
    そして東京へ戻ると湯冷めがひどく、風邪をひいてしまうわけ。

    身も心も。

    夏休みを取るために仕事を前倒しで頑張って、
    夏休みが終わると、休みの間に溜まった仕事に追われる。

    ・・・あれ???なんか計算あわなくね!?



    ところで、最近観た映画と本の紹介。

    映画『最強のふたり』
    実はがベースの映画だとのこと。
    CMでは大袈裟に2012年最強、みたいなこと謳ってるけど・・・。
    良い映画だったけど、ちょっと大袈裟にCMしすぎかな。

    多分、実は部分を無理に誇張して演出しないようにしたのではないかな。
    いくらでも演出次第で超感動映画にもできたであろうに、そういうことはありませんでした。
    そういう意味では、個人的には好感の持てる映画でした。


    文庫『モノレールねこ』加納朋子
    短編小説8作の内、「バルタン最期の日」がとても良かったです。
    バルタンと名付けられたザリガニの視点で見た、とある家族のお話。
    終盤、ぐっと来てしまいました。オススメです。

    タイトルになっている「モノレールねこ」をはじめ、どれも何か
    心に残る作品ばかりでした。

    加納朋子さんは、だいぶ前テレビ朝日で放送していたドラマ「てるてるあした」の作者です。
    まあ、私自身は、面白そうだなと思いつつ、とびとびでした観てなかったのですが。。。

    いってきまーす

    八重山に行ってきまーす。

    北海道旅行記の続きは、また帰って来てから。

    たまにツイートしますです。

    え?台風???

    え?

    えーーーー!?

    またか!?

    今年の八重山も、去年に続き台風との戦いの予感。。。

    6月に行った時は、お天気お姉さん(晴れ女)のお陰で、
    気の早い台風を退けたものの、今回は(も)怪しい雰囲気です。。。

    お迎えはいらないよ~(泣)


    やっぱり9月はリスキーだわ。

    ほおずきのごはん

    2012年 北海道旅行記

    【第12話 ほおずきのごはん】


    旅の宿の楽しみ。ごは~ん!

    野菜中心のヘルシー、かつ、結構お腹一杯になるごはん。

    デザートにはメロンも出ました。


    2日目のごはん。
    ネットで、この右上にあるキッシュが美味しいという書き込みがあったので、
    出るかな~と期待していたら、出ました!!

    うまし!

    この2日間、同宿は、カップルとか家族連ればかりだったので、
    八重山旅行のようなゆんたくはありませんでした。

    ペンションのヘルパーさんに聞いても、一人旅の人はたいてい
    食後さっさと部屋に戻ってしまう、と言っていたので、
    ゆんたくなんてものは普通ないものなのか・・・?

    なんか・・・ものたりない・・・(苦笑)

    仕方なく、一人で富良野ワインのハーフボトル2日とも空けて
    ほろ酔いで早めの就寝なのでした。

    ペンション ほおずき

    2012年 北海道旅行記

    【第11話 ペンション ほおずき】


    旭山動物園から旭川駅に戻って、そこからレンタカーで2泊3日の
    美瑛・富良野の旅です。

    その間お世話になったお宿は、美瑛の「ペンション ほおずき」さんです。



    ペンションのオーナーご夫妻の温かいお出迎えを受けて中へ。

    キレイなダイニング。


    上を見上げると・・・

    こんな吹き抜けになっています。
    ここでチェロ弾いたら気持ち良さそう・・・♪

    ダイニングのお隣には「読書室」があります。

    夕暮れに温かい色の電球のもと、しずかに読書・・・。


    さてさて、お部屋ですが、今回はあまり客室としては使われないという3階のお部屋。

    3階に上がるには、こんなとこを登ります。


    登り切ったところで下を見下ろすと、

    竹富島のなごみの塔ばりの急な階段でした。

    そしてお部屋は・・・

    なんか、屋根裏部屋みたいで、少年のころのワクワク感が蘇る感じ。
    入口も、かがんで通らないと通れないような低い作り。
    オーナーさんが自分で増築したのだとか。

    奥さん曰く、人によって、すごく気に入ってくれる人と、逆に、
    あの急な階段もあって嫌がる人もいるのだとか。

    ちぇろすけは、とっっっても気に入ったので、今度また行く時は、この部屋指名で!

    ショーではありません

    2012年 北海道旅行記

    【第10話 ショーではありません】


    旭山動物園での滞在時間は約4時間。たくさん動物を観て写真も撮りました。

    しかしながら、北海道旅行記が旭山滞在記になってしまうので、今回でおしまい。

    最後の写真は、オオカミです。

    目つきは鋭く怖いですが、動きは・・・犬・・・(笑)



    さて、旭山動物園では、時間でもぐもぐタイムというのがあります。

    ペンギンだったり、オランウータンだったり。

    でも、しきりに飼育員さんたちが言っていました。

    「これはショーではありません」

    あくまで、動物たちが食事をする姿を見せて、
    よりその動物を知ってもらう時間なのだそうです。

    決して、餌をあげながら芸をさせるようなことはしないし、
    特別なことをするわけではないのです。

    飼育員さんたちも、質問すれば親切に答えてくれるし、
    本当にショーや見世物としてではなく、同じ地球上に生きる
    仲間たちを知ってもらいたい、という気持ちが感じられました。

    とても楽しくて、とても為になった4時間でした。


    さて、次回からは美瑛、富良野編です。

    へんな格好

    2012年 北海道旅行記

    【第9話 へんな格好】


    私、動物園にいる動物の中で、キリンさんが結構好きなんです。

    なんか、動きがのんびりで、長いまつ毛の目が優しくて、
    首がみよ~んと長くて、体の模様もキレイ。

    旭山にもキリンさんがいらっしゃいました。

    「いらっさーい。」



    あぁ、やっぱいいね、キリンさんは。。。
    なんて思いながら、ふと足元を見ると、このキリンさん、へんな格好をしてました。

    まあ、正面からもへんなのですが、後ろから見ると・・・


    後ろ足を一本柵にかけて、三本足で立っていたのです。

    この格好が楽なのかなぁ(笑)

    ダレダレ

    2012年 北海道旅行記

    【第8話 ダレダレ】


    北海道と言えど、夏は暑い!
    たしかに日陰に入ると涼しくて、東京みたいな逃げ場のない暑さとは違うのですが、
    うっかりすると、しっかり日焼けするだけのパワーがあります。


    そうなると、動物さんたちもダレるわけです。

    まあ、動物園にありがちな、「みんな、寝とる・・・」的ダレダレ画像です。


    黒豹さん。
    「暑くてボーッとするわい。」


    毛のかたまりユキヒョウさん。
    「zzz。。。」


    トラさん。
    「無理っす。。。」


    百獣の王さま。
    「何見とんねん」


    旭山名物、しろくまさん。
    「暑いのとか、ありえないし・・・。」



    かわゆい寝姿2連発!

    日陰のレッサーパンダさん。
    「すやすや・・・」


    なんか幸せそうな、カピバラさん。
    「世界・・・征服・・・」


    まあ、そんなわけで、みなさん、正直しんどそうでした(笑)
    でも、そんな暑さとは無関係で愛想を振りまいていたのは。

    ゴマフアザラシさん。
    「ようこそ、おこしやすぅ~。」

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。