スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    珠響

    珠響(たまゆら)という演奏会に行ってきました。

    場所は、渋谷ヒカリエホール。

    ピアノ、クラシックギター、尺八、和太鼓、能それぞれの奏者たちの競演。

    ちぇろすけは実はクラシックギターの村治佳織さんが好きで、
    村治さん見たさに、2年前初めてこの演奏会に行きました。

    村治さんの美貌と奏でる音楽にうっとりとしていたのですが、
    それだけに留まらず、他の奏者たちの演奏にも感動しました。

    それから2年。またまた感動です。

    それぞれのソロと、コラボレーション。

    そして今回は、「鉄輪(かたわ)」という夫に裏切られた妻が、
    夫とその夫を奪った女を呪う説話を市川猿之助さんの語りを交えた
    演奏を聴かせてもらいました。

    ピアノやギターの”洋”は耳に馴染むのに、尺八や和太鼓、能のような”和”が
    耳に馴染みがなく違和感があるのが、日本人でありながら如何なものかと思いました。

    でも、じっくりと聴いてみると、”和”の音色にDNAレベル?で何かが反応して
    不思議な共鳴を感じました。

    尺八って、古来からあるものなのに、なぜか音色やその音楽は
    現代音楽っぽい感じ。
    バックのスクリーンにも映っていましたが、月夜に似合う音色。

    能。あの合いの手の声って、裏声だったりして不思議な声色なんですね。

    和太鼓の響きは、特に音程とかがあるわけではないのに、
    音楽を感じる演奏でした。
    そして、やはり打楽器って人をトランス状態にしますね。シビレた~!

    まあ、なにはともあれ、村治さんが・・・美しいッス。
    一番端っこの席だったけど頑張って最前列を取っていたので、
    間近で見れて、うっとりと見入ってしまいました(照)
    スポンサーサイト

    名作!!

    ちょっと北海道旅行記お休みして、今日観た映画のこと。

    今回観たのは・・・

    バックトゥザフューチャー

    TOHOシネマで、過去の名作を順次上映するというシリーズの1つとして行って来ました。

    最近やらなくなってきたような気がしますが、
    ちょっと前は毎年1回はTVで放送されるような名作です。

    観てから調べて驚いたのは、この作品第1作目は1985年公開なんです。

    え!?30年前!!??

    当時から観ていた人も、初めて観るのかもしれない子供や、若者まで、
    世代を超えてワクワクドキドキの映画。

    それにしても、この映画、本当によくできてます。

    初めから最後まで、あちこちに様々な仕掛けがあります。

    登場人物のセリフであったり、街中の看板だったり、
    歴史的事実上の出来事であったり・・・

    それらが、タイムマシンとなる車『デロリアン』で現在と過去を
    行き来する中でこの映画をより面白いものにしています。

    それからやはり音楽。

    お馴染みの?のあの音楽と映画のクライマックスでのマッチング。
    ワクワクドキドキをMAXまで盛り上げます!

    忘れてならないのは、マイケル・J・フォックス。

    今は闘病生活を送っているとのことですが、この作品での彼は本当に輝いてます。

    デロリアンを開発したドク、こと、クリストファー・ロイドも個性的で最高。

    時代を代表する名作というのは、あとの時代になっても色あせず
    人を感動させますね。

    もし観る機会があったら是非観に行ってください。


    もう1度言いますが、30年前の映画です

    ペンギン!

    2012年 北海道旅行記

    【第7話 ペンギン!】


    旭山動物園の名物、その1つはペンギンでしょう。

    トンネルになっている水槽の中を歩いていくと、
    まさに空を飛んでいるようなペンギンさんたち。



    速すぎて撮影が追いつきません・・・!

    ということで、陸上にあがっているペンギンさん。ちょうど抱卵中でした。



    こちらは、まさに水中に飛び込もうとしているキングペンギン。



    ゼンマイじかけのおもちゃのように、てけてけ歩き回るフンボルトペンギン(後ろ)と、
    にらみをきかせながら(?)見回りをするように歩くイワトビペンギン(手前)。



    なんかよく分からないけど、「どこかで・・・お会いしまし・・・た・・・?」
    みたいに、こちらを覗き込むようにして、よちよち歩み寄って来たジェンツーペンギン。




    さて、展示コーナーには自然の中でのペンギンさんたちについてのパネルがあります。

    かわいいーかわいいー、だけではなく、ちゃんとペンギンという動物の実際も
    学んで欲しい、そういう職員さんたちの気持ちがわかります。


    う~ん、うっかり事故とは言え、ちょっと悲しいね。



    自然界では、何かと大変なペンギンさんたち。

    動物園ではそんな困難はありません。

    でも、果たして、ペンギンさんにとって、幸せとは・・・?

    侮り難し、旭山動物園

    2012年 北海道旅行記

    【第6話 侮り難し、旭山動物園】


    2日目はこの旅のメインイベント第一弾、旭山動物園へGO!なのです。

    1泊目が札幌泊だったので、翌朝一番の特急スーパーカムイ1号で旭川へ向かいます。

    旭川駅からバスで約40分。動物園へ到着したのは9:10。開園の20分前でした。

    当日は金曜日。いくら夏休みに入っているとは言え、
    子供はさておき大人にとっては平日に過ぎない。
    だから、油断していました。


    開園前からこの行列!
    写真には写り切れてませんが、右側から手前に折り返して長~い列が出来てます。

    既に100人以上はいたでしょう。

    開園時間にはさらに列は延びて200人いたかもしれません。


    侮り難し、旭山動物園!

    上野動物園を超える人気を誇るという動物園。

    見せてもらおうか、その実力とやらを・・・!



    つづく

    なんじゃこりゃ商店街

    2012年 北海道旅行記

    【第5話 なんじゃこりゃ商店街】


    海鮮丼食べたし、小樽運河も見たし、あとは駅近くの三角市場というところで蟹でも
    買って札幌に戻るかな~、と思いつつ、ついついふら~っと道を外れて
    地元ぃたちの普通の商店街に入りました。

    まず目に付いたのは、なんだかデカい垂れ幕。

    「しばれる」って小樽弁だったの!?


    何メートルか置きにこういうのが提げてあるのですが、

    なぜに、東京で比較を・・・?東京からの観光客に見せたいのか?


    こんな垂れ幕を眺めながら歩いていると、パンパンパン・・・と手拍子が。

    写真は撮りませんでしたが、フラメンコ教室をやっているようでした。
    美容院で。
    暇なのか・・・?


    フラメンコの手拍子を背に更に進んでいくと、商店街のど真ん中に謎の物体が。

    ほう・・・何か町内マラソン大会とか、その手の催しでもあったのかいな?


    なになに・・・

    なぜ・・・なぜだ・・・!?

    誰が何の記念に写真を撮るのだ!?

    金、銀・・・銅はどうした!?

    ご覧の通り、人通りはほとんど無く閑散としているのですが、
    ツッコミどころが随所に用意されていて(?)、ちぇろすけ的にはかなりヒット。
    笑いを堪えるのに一苦労でした(笑)

    3度目の北海道なのでした

    2012年 北海道旅行記

    【第4話 3度目の北海道なのでした】


    わたくし、北海道を訪れるのは今回で3回目でございます。

    直近では、8年前(?)。
    八重山病にかかる前年だったかな。
    釧路から知床へドライブ旅行でした。

    台風を引き連れて・・・。まさかの台風上陸でした。


    初めての北海道はそこから更に遡ること?年。
    高校の修学旅行が北海道でした。

    その時はスキーがメインだったので、冬の北海道。
    たしかその時も小樽を訪れました。

    さて、海鮮丼を食べてお腹も満たされ、お土産屋さんの並ぶ道をぶらぶら歩きました。

    あ~、懐かしいなぁ。
    ・・・という程には一切覚えていませんでした(苦笑)

    まあ、季節が違うってことで。

    お土産屋さん、海産物屋さん、ガラス屋さん、ガラス屋さん、
    チョコ、チョコ、海産物屋さん、オルゴール堂・・・

    なんだかスイーツの店が多い気がしました。

    メインストリートを一通り見て回り、小樽運河へ出てみました。

    風情があって良いですね。
    日差しは暑いものの、日陰では風が肌寒く感じる程の爽やかな空気。

    ぼんやりと、でべでべお散歩。



    んで。

    そういう風情の中にこういうのって、どうなのよ・・・。

    は~るばる~きたぜェ

    2012年 北海道旅行記

    【第3話 は~るばる~きたぜェ】


    は~るばる~きたぜ、函館ぇ~

    ※小樽です。


    あ~なたと~食べたい鮭茶漬け

    ※海鮮丼です。というか、歌詞が間違ってます。


    というわけで、小樽に着くとなぜか頭の中ではサブちゃんが熱唱してました。

    小樽に着いてすぐに大きい荷物は駅のロッカーに入れて、
    街中を歩いて遅いお昼で海鮮丼を食べに行きました。

    海鮮や よし丼
    お店の名前を冠した「よし丼」を注文しました。

    さかな、さかな、さかな~、さかな~を、たべ~るとぉ~
    あたま、あたま、あたま~、あたま~が、んふ~ふふ~

    たまごやきぃ~(←さかなではない。)
    たこぉ~
    いかぁ~
    まぐろぉ~
    えびぃ~
    とびっこぉ~
    いくらぁ~
    さーもん~
    ほたてぇ~
    うにうにぃ~
    かにかにぃ~

    これでもか!これでもか!という感じです。
    どれも味が濃厚でございました。
    2100円が高いのか安いのか・・・でも満足です(^^)

    ふと周りを見渡すと、よし丼を食べてる人はいなくて、
    3種類の食材をチョイスできる三色丼みたいのを頼んでました。

    たしかにそれの方が種類は絞られるものの、それぞれの食材が
    ガッツリと食べられるので、それはそれで良かったのかも。

    4つの空港

    2012年 北海道旅行記

    【第2話 4つの空港】


    昨日の記事の予定表をよく見ると、4つの空港が登場します。

    成田空港
    新千歳空港
    旭川空港
    羽田空港

    なぜこんなことになっているのか?

    今回の旅行は往復航空券+1泊付きのJALパックを使ったのですが、
    宿の場所や、飛行機の時間をいろいろ組み合わせていく内に、
    こんなことになっちゃいました(汗)

    ちなみに代金は51000円でした。

    さて、予定通りに新千歳空港に到着したあとは、早速小樽へ向けてGO!です。

    北海道のJRが全てそうなのかは分かりませんが、Suicaが使えました!
    ちなみにPASMOは使えません。。。

    旅の予定表

    2012年 北海道旅行記

    【第1話 旅の予定表】


    今回の北海道旅行は、いつもの八重山旅行と違うのです。

    場所が・・・じゃなくて。

    一番違うのは、八重山旅行は宿を拠点として、徒歩、自転車での行動範囲で、
    日がなフリータイムを満喫するのに対し、

    今回の北海道は、電車や車を使って観光地を回る、いわゆる観光旅行。

    時限性のものが多いので、事前に主要なスケジュールをExcelで作りました。


    旅より帰還いたしました

    久々の北海道。
    久々に八重山以外の一人旅。
    久々に観光地巡りの旅。

    ほぼ事前の計画通りに旅は順調に終わりました。

    旅はいいね。

    ところどころでツイートはしたけど、これから改めて
    ちょこっと旅の思い出を語って参ります。

    ほっ・・・ほっ・・・ほっ・・・

    ほたるぅぅぅー!!

    ということで、明日から、北海道へ行って参ります。

    たまにツイッターでつぶやくかも。

    帰ったら、福島でのことと合わせて総集編書きまーす。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。