スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    TIME

    TIMEという映画見てきました。

    この世界の人間は25歳になるとそれ以上歳をとらない。

    でもその代わり、自分の寿命となる時間を、現実世界のお金のように
    稼がなければならず、使い果たすと死んでしまう。

    時間はお金と同じように、それで物を買ったり、他人にあげたり、
    逆にもらったりでき、時間をギャンブルに使ったり、盗んだり盗まれたり・・・。

    お金ではなく、時間で貧富の差が生まれる、そういう世界観の中での物語です。


    この映画の監督はかつて、ガタカという映画も作りました。

    ガタカは、DNAによる差別が行われる世界の話。


    TIMEでは、時間(お金?)を莫大に持っている富裕層の人間が本当に幸せなのか、
    という問いかけがあるように感じました。

    一方、ガタカでは、DNA(生まれや育ち?)が、この後の人生全てを支配するのか、
    未来は全て何も決まっていない、というメッセージを感じました。

    一見、星新一っぽいSF物語ですが、現実世界におきかえることもできるし、
    実は前向きな結論で終っているように感じて、なかなか好きな映画です。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。