スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    わびさび

    今、茶道の家元?の著書を読んでいます。
    まだ途中ですが、へぇ~、と思ったこと。

    わびさび、って言葉あるじゃないですか。
    『詫び』『寂び』です。

    一緒くたにされることが多いですが、実は別らしいです。

    そのうち『詫び』について、へぇ~、って思いました。

    その意味は、客をもてなす時の気持ちなのだそうです。

    もてなす相手に対して、自分の持てる全てを以てもてなす。
    それでもやはり物理的に言っても限界があります。
    そんな更なるもてなしが出来ないことをお詫びします
    という、謙虚な姿勢を表すのだとか。

    ただそれは、自分の身の丈を超えたもてなしをすべし、という意味ではないようです。
    飽くまで、自分の出来る限りのことで良いのです。

    千利休がある時、とあるお偉いさんにお茶会に呼ばれたそうです。
    そこでそのお偉いさん、わびさびの意味を取り違えて、わざと質素なお茶会を開いたそうです。
    そうしたら利休さん激怒して帰ってしまったそうです。
    つまり、出来る限りのもてなしをしようとは考えてないじゃないか!ということのようです。

    一方、豊臣秀吉の黄金の茶室。
    これはいわゆる『わびさび』のイメージとはかけ離れていますよね。
    でも、これは利休的にはOKなんです。
    天下を取った秀吉のこと、出来る限りのもてなしとなると、あれくらい絢爛豪華な茶室
    になってしまうということのようです。
    まあ、それだけ秀吉の権力は絶大だったのでしょう。

    さて、自分の出来る限りのおもてなし・・・実際やるとしたらどうなるでしょうか・・・?

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。