スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    旅の終わりに

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第34話 旅の終わりに】


    【指令】
    メイクマンで展示されている、kumi師匠のお子と黒島のチビの写真、
    の写真を撮影せよ。

    黒島滞在中にkumi師匠から入電した指令(笑)

    メイクマンとは、石垣島のホームセンターです。
    ここに、コンテストで受賞した写真の展示がされていて、
    その中の1つにkumi師匠のお子と黒島のチビの写真があるのだとか。

    タクシーに乗り込み運転手さんに、
    「メイクマンに一瞬立ち寄ってもらって、そのまま空港へお願いします。」

    入ってすぐのところにあったので、最初気付かず通り過ぎ、しばらく
    店内をウロウロ。無いじゃーん、と泣きが入りつつ店員さんに聞くと
    入り口にドーンとありました。

    この中にあります。バッチリ表彰されていました。



    これです。らぶりーです。



    タクシーに戻ると運転手さんが
    「何か買ったかね?」と聞いて来たので、事情を説明すると、
    「がはは、なーんだ、そういうことかぁ。内地の人がこれから帰るのに
    なんでメイクマンに寄るのかなぁと思ったんだよー(爆笑)」

    その後、空港までの10分くらいの道中での会話。
    運転手さんが実は若い頃東京に出稼ぎに来ていて、
    ちぇろすけの実家付近にも住んでいたとかで話が盛り上がり、
    空港に着いてからも2,3分車内で話していました。
    料金もちょこっとオマケしてもらって、最後にほっこりとした気分になりました。


    これで2011年八重山旅行記(9月)はおしまいです。

    初めての深夜便や、迷走台風ロウキーとの戦い、5年ぶりの波照間で天然プラネタリウム、
    急遽渡った黒島、鳩間のゆんたくなどなど、八重山の自然、人との出会い・・・
    初の年2度目&過去最長滞在となった今回の八重山旅行ですが、単に時間だけでなく、
    中身も濃い旅行となりました。

    この旅行記では、ちぇろすけが感じたことの僅か数%しか伝えられていないかもしれません。

    だって・・・。

    敢えて最後に、鳩間で出会った小学生カオルちゃんの言葉を。
    「来てない人に話しても通じないでしょ。」

    冷めた言い方だけど、ストレートで的を得ているなと思います。
    是非、是非に是非に、一度八重山へ・・・!



    「先生、ちぇろすけの病状はどうなんですか・・・?」
    「八重山病の進行がかなり進んでいます。もはや、手の施しようがありません。」
    「そ、そんな・・・!!」
    「あとは、本人の好きなようにさせてあげてください。」

    「ハイ!よろこんで!!」


    (完)
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。