スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    おねぼうさん

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第31話 おねぼうさん】


    ピピ、ピピ、ピピピピ、ピピピピ、ピピピピピピピ・・・

    目覚まし時計の頭をひっぱたき、いつものごとく2度寝。

    ピピ、ピピ、ピピピピ、ピピピピ、ピピピピピピピ・・・

    再び騒ぎ出した目覚まし時計に追い出されるように布団を出て、
    ほぼ無意識的にいつも通りの朝支度を始める。

    玄関を出て駅へ向かうも、すごく眠い・・・。
    なんだか目がかすんでフワフワした感じ。

    ・・・ン”ーン”ーン”ー・・・。

    メール???

    はっ!!!???

    まだ布団の中にいる自分に気付く。

    普段の朝の夢を見ていたようです。
    いや待てよ、今鳩間にいることが夢なのか?

    なんだか胡蝶の夢的な状態で、どっちが本当の現実だ!?
    と混乱しながらメールを見ると
    「朝ごはん食べちゃいますよー」とアカネさんからメール。

    既に朝食時間を30分過ぎていました。

    慌てて食事場所へ走っていくと、食べ終わった若者(ではない?)グループと
    すれ違い、恥ずかしさで目をそらしながら挨拶しつつ到着。

    テーブルには昨日の3人だけ残っていて、椅子に座ると
    アカネさんとカオルちゃんから
    「おねぼうさんが来たー」とからかわれる始末(泣)

    前の晩、少々お酒を飲みすぎたようです。
    というか、この8泊9日、毎日飲んでいました
    こんなこと普段ではありえません。多くて週に2日くらい。
    まして、最後の夜は、かなーりの量を飲んだようです。

    これも、八重山の空気、陽気なゆんたくの為せる業(わざ)か(苦笑)

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。