スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2010

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第27話 2010】


    初めて鳩間島を訪れたのは2010年9月でした。
    そして2011年、2年連続で訪れることになりました。

    実は2回以上宿泊ありの滞在をした島は、ほぼ毎年行っている黒島と、
    今回5年ぶり2度目の波照間と、そしてこの鳩間島だけなんですねー。

    今回滞在した波照間、黒島、鳩間のどの島でも偶然ゆんたくの時に出た話
    なのですが、黒島が好きという人は鳩間も好き、またその逆も然り、のようです。
    雰囲気というか、特別観光地化されていない、そして正直な~んもない、ってとこが
    似ているのでしょうか?

    さて、今回は台風の影響もあり、あまり天気が良くなかったので、
    2010年に訪れた時に撮った写真を使ってお散歩してみましょう。

    集落の中の一本道。突き当りは港。海ですよー。



    鳩間の郵便局。郵便屋さん?が椅子に座って眠っていることも(笑)のんびりです。



    では、島を中心に向かって行きましょう。まずは鳩間中森。ここを登って行くと~。



    灯台があります。見晴らし台もあって、島を一望できます。



    千手ガジマル。スターにしきの!?みたいに、垂れ下がる枝は不思議です。



    さてさて、今度は海セクションへ。
    鳩間にはいくつか浜があるのですが、港から時計回りに歩いて最初に辿り着くのがこの屋良浜。



    とても静かで、



    とても穏やかな時間。



    この島には何もありません。
    でも、全部が宝物なんです。

    鳩間島を舞台にした瑠璃の島というドラマで、緒方拳が演じた登場人物が
    こんなようなことを言ってました。

    一周4キロ程の小さな島ですが、人も、海も、島全部まるごと素敵な鳩間島。
    是非一度その空気で身も心も満たしてみてください。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。