スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今年読んだ本

    今年は映画より、本をよく読んだ一年でした。

    基本は通勤電車の片道20分程度の間だけ。

    平均して、文庫本を月に2,3冊程度で、合計30冊。

    映画みたいに、書き連ねようと思ったのですが、酔いも回ってめんどーになったので、
    お気に入りだけ紹介しまっす。

    『なぜ三ツ矢サイダーは生き残れたのか』立石 勝規
    ちぇろすけが小さい頃、水代わりに飲み、今でも愛して止まない三ツ矢サイダーの
    誕生に至る歴史を、当時の歴史的背景や、ラムネ、コーラなどの歴代のライバルたちとの
    関係など、とても興味深い本でした。

    『阪急電車』/有川 浩
    映画も観に行きましたが、映画には取り上げられなかったシーンもあり、映画より原作本の方が好きです。

    『船に乗れ』藤谷 治
    音楽高校のチェロを弾く主人公と、同じ高校でバイオリンを弾く女の子との青春・・・
    なんてもんじゃなくて、これ昼のメロドラマか!?という位、もの凄い展開になって驚き。
    この2人が共に演奏するメンデルスゾーンの三重奏、いわゆる”メントリ”の一楽章が、
    その狂おしい気持ちをピッタリと表しているようで、この曲自体も好きになりました。
    とても切ない・・・。

    『あぼやん』/新野 剛志
    空港で働く航空会社社員を”あぽやん”と呼ぶらしい。
    昔、ホテルとかデパートの社員を主人公にしたドラマがいくつかあったけど、そういった感じの
    毎日ドタバタ事件が・・・みたいな物語。なかなか面白い本でしたよ。

    『図解でわかる! ディズニー 感動のサービス』/小松田 勝
    ちぇろすけも大好きなディズニーリゾートのサービスの徹底っぷりを解説した本です。
    タイトル通り感動に値するその徹底っぷりは、読んで損はないと思います。
    夢と魔法の王国を支えているキャストたちに感謝します!

    『真夜中のパン屋さん』/大沼 紀子
    ドラマ化されても良いのではないかな、という位良い物語でした。
    夜中に営業するパン屋さんに出入りする、ひと癖もふた癖もある人たち。
    こんなパン屋さんにちぇろすけも出会いたいな。。。
    出来たてのパンのように、温かくて優しい物語でした。

    『キネマの神様』/原田 マハ
    映画というものが繋ぐ、国境を越えた友情、家族の絆。
    クライマックスでは通勤電車の中で、思わず泣きそうになってしまいました。
    古今東西、いろいろな映画の話が取り上げられていて、映画好きの人はもちろん、
    そうでなくても、映画館で映画を観てみようかな、と思わせてくれる本です。
    映画の持つ力を改めて考えると、「キネマの神様」って本当にいるかも、なんて思います。


    さて、本は映画と違って、映像も音楽もついてきません。
    でも恐らく読んでいる人は皆、頭の中で活字を何らかの形でイメージとして想像していると思います。

    小説ではなくても『なぜ三ツ矢サイダーは・・・』では、夏目漱石が三ツ矢サイダーを飲んでいた
    なんてエピソードを読めば1000円札の顔を思い浮かべるかもしれません。

    『図解でわかる!・・・』のような解説的な本でさえ、もしディズニーランドに行ったことが
    あれば、笑顔で迎えてくれるキャストたちのイメージが浮かんでくるはずです。

    本は、映画以上に人それぞれの感じ方があるのではないかなと思います。

    そう思うと、ふと気になることも。

    本の著者が思い描いているイメージと、自分が感じて思い描いたイメージって同じなのかな?

    まあ、その辺り、表現することの難しさなんでしょうね。

    チェロの演奏然り。

    想いを伝える言葉然り。


    では、おやすみなさいzzz
    スポンサーサイト

    今年観た映画(の続き)

    仕事でお付き合いしているお客さんから頂いた20年もの紹興酒を飲みながら。


    ではでは、2011年に観た映画、計14本です。
    例年に比べて少なめです。

    一応3つのカテゴリに分けます。

    ①気に入った映画
    ②オススメ映画
    ③その他


    では、参ります!

    ①気に入った映画
    『英国王のスピーチ』
    ⇒実はそんなに期待して観に行ったわけではなかったのですが、最後まで飽きさせない、
     ユーモアに富んだ映画だと思いました。

    『ブラックスワン』
    ⇒ものすごく痛々しい映画でした。それにしても『レオン』や『スターウォーズ』、去年気に入った
     『アイラブニューヨーク』とは一味も二味も違うナタリーポートマンの熱演にグッと来ました。

    『ミケランジェロの暗号』
    ⇒『ダヴィンチコード』的な謎解き映画かなと、思いつつ、無料で観に行く機会があったので
     行ってみました。
     ところが全然予想とは違っていました。一瞬、戦争の影がチラついて、もしかして重い映画!?
     と思ったら、途中から何かテンポの良い痛快な雰囲気に。最後スカッとする映画でした。

    『ペーパーバード』
    ⇒コメディアンと戦争孤児との心の交流を描いた物語。イメージとしては、『ニューシネマパラダイス』
     と『ライフ・イズ・ビューティフル』を足して2で割ったような、笑いと切なさが入り混じった映画。

    『サラの鍵』
    ⇒ふとしたことで、過去に生きたユダヤ人少女の生涯を辿っていくことになる、現代の雑誌記者の
     物語。あの時代の狂気に満ちた世の中が、そこに生きる人たち与えた傷の深さと、それでも受け
     継がれいく命の重さが描かれています。



    ②オススメ映画
    『阪急電車』
    ⇒下記に紹介する『鋼の~』を除けば唯一の邦画でしたね。
    『永遠の僕たち』
    『ゲーテ』


    ③その他
    『BIUTIFUL』
    『ライフ』
    『蜂蜜』
    『鋼の錬金術師』
    『あしたのパスタはアルデンテ』
    『マーガレットと素敵な何か』


    来年も良い映画に出会えますように・・・。

    今年観た映画

    2011年八重山旅行記はあと一息で完走ですが、目標の年内完走は断念。
    年明けから再開します。


    ということで、これから2011年に観た映画を備忘録的に書き連ねようと思います。

    今日は珍しくお酒を飲みながら書くので、誤字脱字、支離滅裂、ご容赦。


    ちぇろすけは映画館で映画を観ることが好きです。
    家ではDVDは観ないし、TV放送の映画も滅多に観ません。

    もちろん、大きなスクリーン、良い音響設備、というのも魅力ですが、
    それだけではなく、自分の思う映画の良さは、その非日常性にあると思うからです。
    たまにある、極普通の日常を描いた映画でさえ、自分が経験していることで無い以上、
    非日常なのです。
    その非日常を、自分の日常空間であるリビングや部屋で観ては、その良さが半減してしまう。
    そう思うので、映画は映画館で観るようにしています。

    映画を観終わった後、こんな経験はありませんか?

    ホラー映画を観た後、夜ちょっとした陰にビビったり。
    悲しい映画を観た後、しばらくその悲しみに浸ってみたり。
    戦争ものの映画を観た後、戦争の愚かさを憂いてみたり。
    恋愛ものの映画を観た後、自分も恋愛したいと思ったり、あるいは、自分の愛する人を想ったり。

    自分の経験していない非日常、と言いましたが、映画を観た後、その物語が自分の経験のような
    気になってしまうことが、少なくてもちぇろすけにはあります。

    まあ、遡って言えば、小さい頃、戦隊ヒーローのTV番組を観た後、なんちゃらレッドとかに
    なりきって変身ポーズをとってみたり、みたいな感じでしょうか?
    女の子でも、何かのお姫様とか、古いけどセーラームーンとかなのかな?

    ちぇろすけは、単純に面白そう、と思って観に行く時の他に、日常の中で辛かったり、
    悲しかったり、なんだか元気が出ない・・・でも、すぐには八重山にも行けないし・・・
    という時に、気分転換にちょっと旅行に行く位の気持ちで観に行ったりします。

    良い映画とは、観る者をその物語の中に引き込んで、非日常のプチ旅行に連れて行ってくれる、
    そう思うのです。


    と、前置きが長くなったので、一旦区切ります。
    お酒のおかわり作ってから改めて。

    運命の再会!?

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第23話 運命の再会!?】


    後ろ髪引かれる思いを振り切り黒島を発ち、一旦石垣へ戻り、即鳩間行きの船に飛び乗る!

    台風の影響で1週間位欠航が続いていた為、乗客の顔には「やっと出たよ~」という喜びの表情。
    そして、島へ運ぶ物資の山(汗)

    欠航明けの一便というだけあって、まだまだ波が高く、道中は波照間の時以上の激烈な揺れ。
    途中、青ざめた人たちがトイレに並ぶ光景も。

    ちぇろすけは船酔いしないものの、さすがにあの急上昇と急降下にお尻が痛くなりました(笑)

    運転席を見ると船長さんが華麗な舵さばきで波間を進んで行きます。
    揺れでぶれぶれの写真。

    「・・・というか、舵グルグル回し過ぎじゃね!?」
    と思っていたのですが、鳩間で同宿になった人も同じくそう思ったらしく、
    「あれは実は舵じゃなくて、船長が気を紛らす為の飾りだ」
    ということになりました(笑)


    約50分のフライト(笑)を乗り越え、ついに鳩間島到着!!!


    船を降りて歩いていると、後ろから
    「こんにちはーっ」
    と女性に声を掛けられ振りかえると、たった1泊の波照間で同宿だった同じく一人旅の方でした。

    「あれ・・・?鳩間に行くなんて言ってたっけ???」
    と、内心、運命を感じてワクワクしていたちぇろすけを前に、この女性の表情が焦りに・・・

    「え!!??鳩間!!??」
    どうやら、鳩間経由で西表島に行こうとして、間違えて降りてしまったようです。

    まだ積荷を降ろしていた船に慌てて駆け戻って行ってしまいました。

    一人茫然と見送るちぇろすけ。

    運命の再会、糸冬 了。


    ということで、鳩間島編、突入!!!

    また来いよ~

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第22話 また来いよ~】



    9月22日、朝。

    布団の中で、恐る恐る八重山観光のモバイルサイトを見る。
    鳩間行きの船は・・・

    通常運行!!!

    本当は21日から鳩間島へ行くはずが、船の欠航が続き黒島で待機していたのです。

    朝食の席に着くと同宿のみんなから「良かったね~」と祝福(?)のお言葉。

    というとで、朝食後、船の時間まで最後のお散歩。


    仲里海岸。
    かなり潮が引いていて、遠くの方まで歩いて行けます。



    ちゃぷっちゃぷっ、と少し歩いてみると視界の端っこに何やら赤いものが。
    よーく見てみると・・・

    ニモこと、カクレクマノミちゃんでした。


    時間はあまりなかったけど、ちょっと足を伸ばして、元気よく自転車を走らせました。


    ふと、大声を出したくなったので叫んでみました。
    「ぁー」

    見渡す限り誰もいないのに、ちと恥ずかしい。。。改めて。
    「あ”-」

    広い牧草地ではちょっと声を上げただけでは、反響もなく空気に溶けていきます。
    普段ほとんど声を張ることもなく、カラオケも嫌いなので、大声の出し方を忘れてました。
    も一度。
    「あー!」

    なかなかイイ感じ。最後にもう1回!!
    「あ”ぁ”ぁ”ーーー!!!」「げほっげほっ」

    やっと、遠くで牛さんが振りむいてくれる位の声にはなりました。
    むせる程叫んだのなんて、いつ以来だろう(笑)
    でも、気持ち良かったなぁ。

    なかた荘に戻ると、なかた荘のアイドル(?)チビちゃんがお散歩から帰って来たところでした。

    愛想を振りまいて同宿のお姉さんにサービス、サービスぅ、ではなく、
    「もっと遊びたいから、おうち帰りたくなぃぃ」と駄々をこねている図でした(笑)


    なかたさんから、
    「このまま最後まで泊っていけばいいじゃない(笑)」と、からかわれたりして、
    鳩間へ行けるーっ、と嬉しい反面、ちょっと後ろ髪引かれる思いも。

    なんか、黒島から「また来いよ~」と言われたような気がしました(^^)


    次回からは、鳩間島編に突入します。
    年内完走出来るかな!?

    黒島さんぽ

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第21話 黒島さんぽ】


    黒島は八重山の中では比較的平らで適度な広さなので、自転車でのお散歩には
    ちょうど良く楽しいですね~。



    黒島と言えばやっぱり、牛さんです。お食事中のようです。



    おや、こちらもお食事中。



    黒島ではクジャクが増えて困っているようです。
    猫すら手を出せない大きさだけに、天敵もいない為繁殖中。。。



    そうそう、白いクジャクもいるらしく、見つけると幸せになるとかいう噂が(なかたさん失笑)
    ・・・ん?
    いたっっっ!!!



    海岸に行ってみると、波で打ち上げられたヤシの実発見。
    割ってみよー、と石で叩いたり、岩に叩きつけたり。。。
    苦労して、腕パンパンにしながら割った結果、中からっぽだし!!


    まあ、ヤシの実の堅さを初めて体験から知り、ふと海を見ると



    自然の中にいるな~。

    黒島でのゆんたく

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第20話 黒島でのゆんたく】



    毎日楽しいゆんたくがありました。

    おいしいご飯を食べたあと、サービスの請福泡盛を飲みながらの語らい。

    ある日のゆんたく。
    宇宙飛行士古川さんの宇宙から生中継をみんなで見ました。
    雰囲気を出そうと、ダイニングの灯りを消して真っ暗な中でテレビに見入ってました。
    「なんで香取慎吾が出てるの~?」
    と、ツッコミを入れながら見ていましたが、スペースシャトルから見た
    日本の夜景のシーンではみんな感動。
    そんななか、仲田さんがゆんたくに混ざろうと部屋から登場。
    真っ暗なので一瞬焦った表情がまた笑えました(笑)



    またある日のゆんたく。
    サッカーの代表戦が放送されていたので、みんなで観戦。
    ちょっとちぇろすけ的には、みんなサッカーに夢中になっているのが
    逆につまらなく、テレビがあるのも良し悪しだなぁ、と思いました。

    試合終了後、普通のゆんたくに戻っておしゃべり。
    その日の夜空には少しだけ星が見えたので、近くの海岸までみんなで
    お散歩に出かけました。

    海岸で波の音を聴きながら、みんなで静かに星空を見上げていました。

    雲が出始め、夜も更けてきたので、そろそろ上がりますか、と歩き始めた時
    「わっ!」

    声の主は、やどかり好きのやどかりさん(笑)
    夕方にあまり見当たらなかったやどかりが、夜になって出てきたようです。

    みんなでやどかりを一箇所に集めて、やどかりさんが好きだという、
    「わー」って逃げて行くシーンを再現しました。

    旅先で偶然出会った人たちなのに、なんか前から知っていた人たちかのように、
    楽しく過ごした夜でした。


    ちょっと、文字だけの回が続いたので、次回は黒島の風景をご紹介しますね。

    黒島で出会った人たち

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第19話 黒島で出会った人たち】


    島で出会う人たちは、老若男女、出身も肩書きも様々。

    灰色に男たち(ミヒャエル・エンデの『モモ』より)に時間を盗まれた
    日常から離れ、みんなノビノビとしていて人間らしさ全開です。


    ~ライターさん~
    ちぇろすけがなかた荘に到着してから最初に出会った人。
    最初、ダイニングで持参のノートPCで何やらカタカタやっていて、
    なんなんだろ、この人なんて思っていました。
    実は、All AboutやYahooニュースに記事を書いているライターさんで、
    多分原稿を書いていたのでしょう。
    見た目「沢村一樹」風の二枚目タイプで、やっぱり物書きだけあって、
    ボキャブラリ豊富。しかも取材で各地に行っているから、いろんなことを
    知っている。
    ゆんたくの時にも気さくにいろんな話をしてくれて楽しかったぁ。


    ~元会社の師弟コンビ~
    現地集合、現地解散で毎年一緒に旅行に行っているという、
    元会社の先輩・後輩の女性コンビ。ちょっと年齢が離れているように
    見えるのに、とても仲良しで楽しい2人でした。
    後輩の人は元はスノーボード好きで、そこからサーフィン、そして先輩からの
    勧めで沖縄と繋がったようです。
    今度スノボやりましょう、と誘われましたが、ちぇろすけ、
    ウィンタースポーツはからっきしでして・・・。
    大丈夫、大丈夫、と構わず誘って来る後輩に対して、先輩からちぇろすけに一言。
    「足に使おうとしてるだけだよ」

    ・・・。


    ~ベジタリアン~
    最終日、お昼を一緒に食べましょう、ということになった同宿の女性で、
    はとみのソーメンチャンプルーをオススメして注文。
    運ばれてきた瞬間「あっ!」と声を上げたので驚いていると、
    「これ、肉入ってますよね!?」
    この方、今年に入ってから肉を食べないことにしたのだとか。
    嫌いなわけでもないし、宗教上の問題でもないし、ダイエットだとしても
    一見痩せ型だし・・・。

    そして、後からちぇろすけの前に運ばれて来たのは、お肉たっぷりソーキそば。


    ~やどかりさん~
    4日目の夕方、なかた荘の前の海岸で夕日を見ていたら
    「もう沈んじゃいました??」
    と女性から声を掛けられました。
    「まだあと15分位あるけど、雲が多いから水平線に沈むのは見れないですね~」
    と答えると、そっか~、と言いながら波打ち際へ。

    しばらくするとこちらへ戻ってきて
    「やどかり、いませんね。」
    ん???と不思議な顔をしていると、
    「私、やどかりが好きで、たくさん集めて、わーって逃げて行くのを見るのが好きなんですよ~」
    なんか、想像するとグロいんんですけど(汗)と思っていると、今度は砂浜をバンバン踏み鳴らして、
    「ほら、このへん、ちょっと音が違うんですよ。下が空洞らしいです(笑)」
    ほぉ~たしかに音が違う。。。

    雲の向こう側では夕日が沈んだであろう薄暗い海岸で、砂浜をバンバン踏み鳴らす男女2人。。。


    他にも、何人か入れ替わり立ち替わりで同宿になった方々や、道ですれ違いざまに
    挨拶した方や、伊古桟橋や灯台でちょっと言葉を交わした方々、もちろん島の方々、
    などなど書ききれないので、みんなまとめて・・・


    SPECIAL THANKS 黒島で出会った人たち。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。