スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    恒例の儀式

    2011年 八重山旅行記(9月)

    【第3話 恒例の儀式】


    那覇での朝。
    携帯のアラームと、部屋備え付けのアラームが時間差で鳴る。

    電気ポットでお湯を沸かしつつ、シャワーを浴び、
    朝食はコンビニで買った、金ちゃんラーメンと、おにぎりと、ヨーグルト。

    いよいよ、出発!!!

    ゆいレールで那覇空港へ着くと、実は出発20分前・・・ギリギリ!!(汗)

    何はともあれ無事飛行機は石垣空港へ。

    以前は石垣空港から離島ターミナルまではタクシーで行っていましたが、
    それだと1000円ちょいの出費。でもここ最近はバスを使ってのんびりと
    移動することにしています。200円だし!

    そうそう、今回乗ったバスの運転手さんは20代半ば位の、これまたかわいい女性。
    昨日のフロントの人といい、なんだかキレイな人が目に着く(笑)

    20分位で離島ターミナルへ到着。
    早速、今回の最初の目的地、波照間島行きの往復チケットを購入。


    懸念された台風の影響は、とりあえず無さそう。
    というか、結構晴れてる!!!
    滞在中に一度くらい青空が見れれば、と期待せずにいただけに嬉しさ倍増(きゃっきゃっ)

    船を待つ間、ここで、ちぇろすけ的八重山旅行の恒例行事を敢行。
    それは何か、というと、大好きな金城かまぼこのおにぎりの写真をパチリ。

    写真を撮ることが恒例行事か?というと、違います・・・。
    同じくこのおにぎりが大好きで、かつて一緒に波照間に渡ったことのある友達に
    自慢の写メを送るのです(にやり)

    こうして、恒例行事も無事済ませ(笑)、おにぎりをおいしく食べながら、
    船の出発をワクワクしながら待つのでした。

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。