スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    醸します

    ヨーグルティアなる文明の利器を手に入れました。

    牛乳に、ヨーグルトの種(市販のプレーンヨーグルトを使用)を入れて、温度と時間をセット。

    40度で7時間に設定して醸してみました。

    お~う!!!良い感じぃ~~~~。


    でも・・・1リットル分も作ってしまった・・・。

    100グラム分だけ、次回用の種として冷凍保存して、これからヨーグルト三昧だい!!

    ちなみに不自然に映りこんでいる「爽」ですが、マイブームで、これをヨーグルトに入れるのです。
    「爽」のシャリシャリ感もあって、美味です。
    スポンサーサイト

    急上昇、そして急降下

    木曜日の夜、テニススクールに行って、な~んかいつもと違う感覚。

    ボールがラケットの芯に当たらない。体が重い。腕が振れない。

    金曜日の朝、いきなり水便(汗)

    とりあえず職場には行ったものの、ずーっとお腹ゴロゴロ。

    終業まで10回はトイレに行ったのでは。しかもその度に、じょー、って。腸が完全に業務放棄。
    なんなんだよー、と思いつつ、体力の消耗もあり仕事に集中できないまま帰路に着く。

    金曜日の夕方、電車から降り、自転車が置いてある所まで徒歩約10分。

    その10分で体調が急変。

    まずいきなりの悪寒。体の内側、内臓からガクガクくるような震え。

    なんとか自転車に乗ると、震えが足に伝わり、手足の先から血の気が引いてのが分かる。
    汗はまさに滝のように流れ始め、目がかすみ始め、吐き気も・・・。

    普段15分くらいで家に着く道のりを、倍の30分くらい掛かって帰宅。

    スーツを脱ぎ棄て、すぐに布団にくるまるものの、もはや全身ぶるぶるぶる・・・・。

    熱を測ったら・・・・・・
    39.5どしー!!!!????

    あかん、死ぬ・・・とりあえず、バファリンで最近不足がちな優しさの補給だぁ、と飲んで、
    1時間後ようやく熱は下がり。。。

    土曜日の朝、平熱に戻り、ほぼ完全復活。。。

    4,5年に一度、こういった体調の急激な悪化と急速な回復があるのですが、これ、なんなんでしょう!?

    サボってたんじゃないってばさ・・・

    仕事中、ネットを見てたら偶然こんなブログを見つけました。

    読んだあと、しばらく茫然としていました(周囲からはサボっているように見えたかも)。

    「チキショー チキショー」という、このブロガーさんの怒りに心が痛みました。

    あれこれと思うことを書いてみましたが、どうにも自分の気持ちの的を得てない言葉ばかりに
    なったので、敢えて何も書きません。

    でも、悲惨、凄惨な現実が、海外でもなく、今まさに、この日本にはあるのです。

    2011年 八重山旅行記 ~第4話 過去最多~

    2005年9月 沖縄本島、黒島

    2006年10月 波照間、竹富

    2007年9月 黒島、宮古島

    2008年11月 小浜、竹富、黒島

    2009年8月 与那国、黒島

    2010年9月 竹富、鳩間

    そして、2011年3月・・・黒島

    初めて八重山を訪れた7年前から、7年連続で八重山を訪れ、
    その内、初めて行った島であり、過去最多5回行っているのが黒島です。
    ※離島に渡る為に必ず寄る石垣島を除く。

    八重山に行くことになったきっかけは、元会社の先輩であり、退職後黒島の民宿で
    ヘルパーをしていたkumi姉さんに「遊びにおいで」と呼ばれ、会社の友人と行ったのでした。

    当時、夏も、南国も、海も、どれも嫌いだったのにも関わらず、なぜ行こうと思ったのか・・・?
    今思い返してもハッキリとは思いだせません。

    強いて言えば、島が呼んでいたといったところでしょうか?

    色白で、どう見ても沖縄の似合わない自分・・・w

    kumi姉さんも、「こんなにハマるとは思わなかった」と言うほどのハマり様。

    不思議なものです。

    今回は、出発数日前までは波照間に行く予定でした。
    しかし、kumi姉さんがお子を連れて黒島に来ていると知り、急遽予定変更。

    これまでの経験上、そして直感的にkumi姉さんの近くにいると良いことが起きる、そんな気がしたのと、
    ちぇろすけ、実は何よりもkumi姉さんのお子の大・大・大ファンなのです!!!

    好きな黒島で、大好きなお子に会える・・・行くしかねぇっす。

    POWER

    金沢翔子さんを知っていますか?

    23歳の女性書道家です。

    友人が、彼女にとても感銘を受けていて、この土日に赤坂サカスで行われてる
    チャリティーイベントに来ているということで誘われて行って来ました。

    彼女の話は以前ちょっとだけその友人から聞かされていました。
    でも実際に本人も、その書も見たことはなく、生い立ちやテレビで紹介されていることを
    聞いただけでした。

    見てください。



    携帯カメラの映像なのでぼやけていますが、それでもこの書の力強さが分かると思います。

    ゲストで来ていた由紀さおり、安田祥子姉妹とはしゃぎながら話す姿や、
    来場者とおどけながら写真を撮る姿、お菓子のキットカットを嬉しそうに食べる姿からは、
    とても想像がつかないこのPOWER

    彼女がどんな人か。
    知っている人は知っていると思います。

    もし知らない人で、この書からPOWERを感じた人は、こちらのサイトから彼女をもっと知ってください。

    敢えてここでは語らずにおきます。

    ドクタースランプ

    アラレちゃん。ではない。

    ドクター中松氏。

    東京都知事選の政見放送を見ていて笑った

    ・冒頭、東日本大震災の被災者に「黙とう」を捧げると言いたかったようだが、
    「もくひょう」と繰り返し言い直していた。

    ・82歳だが、トレーニングをして30代の肉体である。
     ⇒途中、何が言いたかったのか50トンの筋トレをしている
      とかいう意味不明なことを言った。なんじゃそれ!?

    ・ハーバード大学だか何だかで、世界で一番頭がいい人に選ばれた、
     とか自慢し始めた。
     ⇒過去の偉業は認めるが、敢えてここでそれ言うのは・・・なんだか陳腐な響きに聴こえた。

    ・原発やら何やらのプロは候補者中ドクターだけだから、知事になったら東京は世界一の
     防災都市になるらしい。
     ⇒だったら、選挙なんてやってないで、科学者としてまずは福島の原発を何とかせい・・・。

    他にも何だか笑かしてもらったが、昔から都知事選に出てくる名物おやじですね。


    他に、石原さんと、東国原さんが演説していましたが、石原さんはさすが慣れてるなって感じ。

    東さんは、なんか上がってたのか若干しどろもどろ。
    それなりに良さげなことを言っていたけど、宮崎県を捨てて東京へ、その内、
    東京を捨てて国会へ、というシナリオが見え隠れしているような気がして、
    むむむ・・・な感じです。

    美樹ちゃん(なんて言わないが)の演説はまだ観てないが、
    石原さんと東さんと美樹ちゃんが今回の有力候補なんですかね・・・?
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。