スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今年最後の忘年会

    今年の忘年会最後を飾ったのは、チェロの先生のスタジオを使った忘年会。

    メインの企画は2つありました。

    1つ目。ちぇろすけ&Tさんの初見デュオ演奏。
    2つ目。牛タンの塩釜焼き

    デュオ演奏の事の発端は・・・

    ちぇろすけがFA宣言してオケを移籍するにあたって、
    それまでいたオケに助っ人を、と先生から紹介されたのがTさん。

    先生曰く
    「今までいろんな人を教えてきたけど、ちぇろすけとTさん程似た音色の持ち主は珍しい」
    のだとか。

    ただ2人は入れ違いになったので一緒に弾く機会がない。
    ということで一度一緒に弾いてみなさい。ということになったのです。

    そして、先生が牛タンの塩釜焼きを作りたいと。。。

    さて、いざデュオをやってみると・・・
    やはり初見が苦手、リズム打ちが苦手、なのでなかなか合わず苦戦。
    実はTさんも同じ弱点を持っていて、こりゃ合わんぞ・・・と焦る(笑)

    それでも何度か合わせている内に、「おっ!」と思う瞬間が何度も出てくる・・・。
    音程が合った、とか、タイミングが合った、とかいうのとは別の「おっ!」なんです。

    でも、初見ではここまでが精一杯。
    なんか、目の前じゃパーティーの準備が着々と進んでるし、誰も聴いちゃいないし!

    ということで、牛タンの塩釜焼き~。

    この中に、奴がいる・・・


    見つけたー!!!


    これが、奴の正体である!!!肉汁じゅわわ~である!!!


    ぱーてーSTART!!!


    おいしい料理と、おいしいお酒。楽しいおしゃべりをしつつ、酔いながらも交代でチェロを弾き、
    即席デュオなどしながら、楽しい忘年会となりました。

    Tさんとのデュオ、もっとじっくり練習してやってみたいですね。
    あの場では「うーん・・・」という感じで感想を言いましたが、よくよく考えれば、
    「おっ!」がある人って、10数年のチェロ歴の中で
    どれ程いただろか・・・と思い返しました。

    オケを移籍するという行動が招いた新しい出会い。
    その行動がなければ無かったかもしれない出会い。
    全ては偶然のようで、必然な気がしてしまいます。

    いろいろネガティブだった2010年の年の瀬。
    2011年に新しい希望の光を見た気がします。

    大袈裟か・・・(笑)
    スポンサーサイト

    今年観た映画

    今年一年で映画館で観た映画は計16本。※TVやDVDで観た映画は含みません。
    その中でのマイ・ベスト3は・・・!!!

    1位 『ニューヨーク、アイラブユー』(New York, I Love You)
    2位 『かいじゅうたちのいるところ』
    3位 『リトルランボーズ』1位の『ニューヨーク・・』は、何人かの監督が担当するオムニバス映画。
    監督陣の中には岩井俊二やナタリー・ポートマンがいたり、
    キャストにはナタリー自身や、彼女と『スターウォーズ』共演した、
    若き日のアナキンを演じたヘイデン・クリステンセンなど豪華。
    昔観た『ディナーラッシュ』のお洒落さと、同じくオムニバスの『フォー・ルームス』の
    面白さ・意外さを含んだ、お気に入りの映画となりました。

    2位の『かいじゅうたちのいるところ』は、CG全盛の現代のおいて、あれだけの映画を
    CGをほぼ使わずに作ったということろに感動。だからなのか、手作り感一杯の温かい映画
    になっています。とは言え、CG無しであれだけのディテールを出せるのには驚き。

    3位『リトルランボーズ』。『ランボー』をまねて映画を撮ろうとする子供たちの、
    それぞれの悩みや、抱える問題を交えてまじめに、面白く観れる映画でした。


    さて、それ以外の13本も順不同で紹介します。
    『オーシャンズ』
    水族館的映画かと思いきや、なんかものすごく怖いシーンのある映画でした。

    『Dr.バルナサスの鏡』
    『ダークナイト』のジョーカー役で名演したにも関わらず急逝してしまったヒース・レジャーが
    出演しているということで観に行きました。

    『食堂かたつむり』

    『やさしい嘘と贈り物』
    劇場予告を観て良さそうと思って観たのですが・・・。

    『のだめカンタービレ(後篇)』
    なんだか、のだめと千秋の恋愛中心のストーリーになって、前篇に比べるとイマイチ。

    『オーケストラ』

    『アリス イン ワンダーランド』
    自身初めての3D映画。3Dは疲れるだけだという感想。

    『TRICK』
    もうあの頃のクオリティには戻れないのですね・・・。

    『ヤギと男と男と壁と』
    単館のマイナー映画の割にジョージ・クルーニー主演。

    『スープオペラ』
    昔、坂井真樹のファンでした。

    『マザーウォーター』
    ま~ったりとした、な~んてことのない映画。でもそれがいい。

    『シチリア・シチリア』
    『ニューシネマパラダイス』のジョゼッペ・トルナトーレ監督作品。

    『十三人の刺客』
    松方弘樹の超圧倒的な殺陣は、あまりに凄すぎる!
    それからSMAP稲垣の異様な違和感は演技なのか、ただの大根なのか・・・。
    その違和感が逆に良かった。


    来年もまた良い映画がたくさん観れるといいなぁ。

    テーマ : ★おすすめ映画★ - ジャンル : 映画

    いざ、鳩間島!!!

    竹富島から石垣へ戻り、ホテルに預けておいた手荷物を受け取り、
    いよいよ鳩間島へ出発です!

    離島ターミナルで今回お世話になるペンション「マイトウゼ」に電話して、
    これから出発する旨を伝えました。


    石垣島からは約4、50分の船旅です。
    元々船酔いというものはほとんどしたことなく、今回もあまり波は高くなかったのですが、
    やはりダメな人はダメみたいで、座席に横たわって青白くなってる人を見て、
    乗り物酔いしまくるのに波照間に一緒に行った友人のことを思いだしました(笑)

    どんな島かな・・・

    本当に瑠璃色の海・・・

    どんな出会いが待ってるのかな・・・

    いろんなドキドキとワクワクを胸に、いよいよ鳩間島に到着!!!


    次回、第10話「夕ご飯まで」

    テーマ : 沖縄離島の旅 - ジャンル : 旅行

    移籍後、初の演奏会

    12月5日。FA宣言して移籍した新しいオケでの演奏会。

    曲は、
    ブラームス:大学祝典序曲
    ビゼー:カルメン第一組曲
    ドヴォルザーク:交響曲第6番
    でした。

    今までいたオケは基本的にベートーベンを演奏するオケだったので、
    久々にバラエティに富んだ曲を演奏しました。
    移籍から本番までたった1ヶ月で仕上げたので不完全燃焼でしたが、
    それなりに楽しめました。

    何よりも、久々にパートリーダーとしてでなく、うしろの方で
    気楽に弾けたのが良かった(笑)

    今回は、アンコールでメンデルスゾーンの結婚行進曲を演奏しました。
    なかなかこの曲が演奏会で演奏される機会は多くないと思うのですが、
    なぜこの曲がアンコール曲になったか、というと、
    このオケの団長さん(トランペット)と、団員さん(バイオリン)が
    結婚することになり、みんなからのお祝いという意味合いがありました。

    サプライズ、という形ではなく、みんなでこの舞台を作り上げたので、
    祝う側も祝われる側も、とても幸せそうでした。

    ということで、良い雰囲気のオケなのですが、まだ入団間もないこともあり、
    今までいたオケのようにはまだ馴染めず、自分がしっくりとハマるポジションを
    探している状態。

    ちょっとホームシックかも・・・(T―T)

    とりあえず、これでしばらくはオフなので、のんびりとチェロを弾こうと思います。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。