スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    宇宙

    渋谷のコスモプラネタリウム、ご存じでしょうか?

    前にもこのブログに書いた気がしますが、久々に行ってきました。

    相変わらず600円なのに充実の時間を提供してくれる、高いコスパ。

    今回はクラシック音楽に合わせての上映という回を観てきました。

    最後はサンサーンスの交響曲第3番「オルガン付き」の終楽章。

    以前にプロオケの演奏会で聴いた時、指揮者の解説でこの曲のラストは
    宇宙の爆発のような壮大なスケールを感じます、というようなことを言っていました。

    その言葉を思い出しました。

    地球は太陽の周りを回る太陽系の惑星。

    その太陽系は、銀河系のほんの一部。

    その銀河系と同じような星の集まりが宇宙には無数に存在する。

    気が遠くなるようなスケールですよね。

    曲と映像がマッチした、とても良いプログラムでした。

    そうそう、このプラネタリウムの特徴でもある、解説員さんの生解説も、
    相変わらず温かみのある素敵な感じでした。

    その時々の来場者や、天気、時事ネタやウィットに富んだジョークを
    交えて解説してくれます。
    スポンサーサイト

    ブログ始めまーす!

    ちぇろすけと申します。

    都内のアマオケでチェロやってます。
    チェロ歴は12年(2009年9月現在)。
    なのにこの程度、と言うべきか、だからこの程度、と言うべきか。。。
    そんなレベルです。。。(汗)

    それから、5年前から八重山病(※)を患っています。
    それ以前は、夏も、南国も、海も嫌いでした(苦笑)

    ※【八重山病】
       原因:沖縄の石垣島を中心とした八重山の離島に足を踏み入れることで感染する。
       症状:八重山の島々が好きになり、繰り返し行きたくなる。
           症状を抑えるには八重山に行くしかないが、行けば行くほど、
           また行きたい衝動に駆られ、その度に症状は重症化する。
       治療法:なし

    というわけで、これからチェロのこと、八重山のことを中心にブログを
    書いていこうと思います。


    ちなみに、ブログのタイトル「あいぐはんきどぅ どぅるやびっかる」とは、
    与那国旅行で出会った、与那国の方言で、
    「歩いた足には泥がつく」という意味です。
    つまり、頑張った人には幸せがついてくる、そんな意味みたいです。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。